血は静かに君を巡る web 販売開始しています。

  • 2019.12.10 Tuesday
  • 23:17

「愛らしい花の姿だけではなく、

瞬間瞬間を生きる花たちの鼓動を宿してほしいと思うのです。

今この時にも、血は静かに君を巡るのですから。」


ブーツにはサイドに深くカッティングを入れ、ソックスとの合わせや、いびつなシルエットをお楽しみ頂けるように仕上げました。

ソールには、メンズでも用いられる高品質なビブラムソールを使用しています。

ファスナーにて着脱可能なので、紐を解く必要はございません。

お花は全て本物です。自然なもののため、一足一足個体差がざいますことご了承くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

印象の強い、この「血は静かに君を巡る」の名は、1991年に発表された、平沢進 の 嵐の海 の詩より名付けています。

激しい生命観もいいのですが、静寂の中に脈打つ生命観。日常にも当たり前に刻む心臓の音。

そのイメージを重ねる言葉として、射抜かれたような感銘を受けました。

どの作品も素晴らしいのですが、個人的には特に言葉の選び方がたまらなく惹かれます。

芸術という力に敬意を込めて。

花たちの鼓動を重ねて。今を生きるあなたへ想いを込めて作りあげた1足。
胸の影、力にかえて。
血は静かキミをめぐる。

 

 

 

「嵐の海」 詞:平沢進

 

陽は君臨し キミはなおも夢に映える
忘れぬ間に 胸の影 力に変えて

火渡りの奇跡に見まねて
石のように歌えよ なお

忘れぬ間に 胸の影 力に変えて

知恵は待つよ 声なく泣くキミに隠れ
おぼえぬ間に 血は静かにキミをめぐる

長 (おさ) の引く弓にも見まねて
雨のようにたたずめ なお

おぼえぬ間に 血は静かにキミをめぐる

長の引く弓にも見まねて
雨のようにたたずめ なお

月は隠れ 知らぬ間にもキミに歌う
忘れぬ間に 胸の影 力に変えて

盟友の秘密に見まねて
土のように呼び合えよ なお

忘れぬ間に 胸の影 力に変えて

 

  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM