6月からに関しまして 蔵前店

  • 2020.05.31 Sunday
  • 00:02
緊急事態宣言は解除されて、蔵前のいろいろなお店やカフェたちも6月から再開が始まります。

うちは、現状では、再開しないを選ぶことにしました。
当面は、オンラインのみの販売を継続致します。
6月に入って、お店へ来て下さることを考えて下さった方、いらっしゃいましたら、ごめんなさい。

理由は、大きく下記の3点です。

1:皆さまの健康と安全

北九州のような2波と呼ばれている1波の残りが広がっていることは、東京も同じに思います。感染対策をしても、来て下さる皆さまの健康をお約束出来ないこと。
人を避けての外出はいいと思います。どうしても店内は密室になるので、安全は100%とは言えません。
3か月のお店のおやすみで、コロナの影響をうちも受けています。ただ、この間に両方大切ですが「健康のほうが経済より大切」とさらに思うようになりました。



2:整える時間と働く側の健康と安全

通勤のある此原は、まだリモート中心のほうがいいと思っています。小さな子供がいることも大きいです。徒歩圏内の自分だけで日々の仕事をやっていくのですが、朝に製作、昼に販売、夜に製作のペースでは、製作が遅れていくことがあります。セレクトのお店なら、まだ方法はあるのですが、うちは少人数で製作してなので、ご理解頂けると幸いです。
「無理をするではなく整える」最近、心に降ってくる言葉は、なんだかちょっぴり新しい感覚です。
ニュージーランドが週休3日を取り入れるそうです。ツイッター社は希望者は永遠に自宅勤務としたように、世界の価値観が変わっていくのを感じ始めた方も、きっといらっしゃるのではと思います。今後、医療崩壊や、医療従事者に負担をかけない社会づくりは大切に思います。
自分もそうですが、リモートではできない製造業のような方もいらっしゃいます。どうぞ、今までのように無理されず、どうぞ、免疫のある暮らしを目指して下さい。

3:コロナの後の世界に向かって

それと、コロナ禍で中国が大気汚染が減ったのに、また戻ったというニュースをみました。とても腑に落ちなかったのです。変わらなくてはと思うんです。



このような理由で、今すぐの再開はしないのですが、
とはいえ、お店の在り方も考えていて、
いい店とは、自分にとって、行って元気がでた、癒される、といった「心の拠り所」であることが目標としてきた所です。不安を抱えやすいこんな時代に、実店舗として何ができるのか、「皆さまに寄り添えないか」。と、此原 と議論しながら、磨いています。




今、現在では、収束とは全く言えませんが、スペイン風邪の歴史からも、必ず収束することも間違いありません。
状況や情報を集めて、判断していきますが、また、必ずお会いさせて下さい。
再開の日を楽しみに頑張ってまいります。
  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM