お客様スナップ カルチャーは国境を超える

  • 2019.01.30 Wednesday
  • 00:51

本日のお客様スナップ。

定期的に東京、そして蔵前にいらっしゃって下さる韓国のお二人。

お一人は、ボタンを使ったアーティスト。

もうひとりは、ドローイングのアーティスト。

 

蔵前に何軒かお気に入りのお店があり楽しみにして下さっているそうです。

うちもそのひとつに思って下さっていて嬉しいです。

 

 

 

ヒールが可愛いから買うんじゃなくて、靴とヒールの両方がいいから買うんだよ 。

このヒールでも靴が良くないと買わないんだよ と仰ってくださったのが、また嬉しく思いました。

 

 

今、政治では日韓の関係が良くないニュースが飛び交います。

自分達の暮らしは、ニュースという名に踊らされてしまいがちなことにも時に気が付きます。

 

今日のお二人とも政治の話にもなって、
政治では仲が悪いみたいだけど、私たちは日本の人が好きだし、私たちは友達だ

ということを話してくれました。

自分達も韓国の人は好きだし、友達だとおもっていることを、片言の英語で伝えました。

 

ニュースに流れる世論ではなく、

自分達の価値観で世の中を見ていきたく思っています。

 

 

11月にも韓国の男の子がお店に来てくれました。

澄んだ目をした彼が、お店の雰囲気をとても気に入ってくれました。

彼は、自分をJPと名乗りました。JAPAN好きのJPだと。

日本文学に詳しく、安倍公房が天才だ天才だと熱く語ってくれました。

「box man」が好きだというから、「ああ、箱男!?」

持っているけど、日本人もあまり読まないよ と笑い合いました。

彼と話した後、個性的なこの小説を10年ぶりに読み直しました。

彼は、文学の翻訳の仕事をしていると言っていました。

海外の文化を産まれた国に繋げることは、国境線を越える道を作るような仕事にも思いました。

 

今日のお二人のお客様。

韓国でもたくさん身に付けて下さったら嬉しい そう思います。

  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM